気管支喘息・鼻炎|岐阜県各務原市の小児科、アレルギー、食物、予防接種、乳児検診、育児相談なら YUKIこどもクリニック

アレルギー科

気管支喘息

空気を肺におくる通り道の気管支に出るアレルギーの病気が、気管支喘息です。
症状は呼吸困難をともなう発作が繰り返しおきることで、
発作のときには「ヒューヒュー」という特徴的な呼吸音がします。
小児の気管支喘息の患者様の9割にダニアレルギーが認められると言われています。

かぜとの違い

かぜと症状が似ているので、混同してしまうことが多いのですが、対処方法を間違えてしまうと、悪化してしまう可能性もあります。
かぜとの違いは下記を参考にしていただき、まずは、最寄の医療機関にご相談ください。

喘息は夜に咳が多くなりますが、かぜは夜も昼も同様に咳が出ます。
喘息では熱が出ず、出たとしても微熱程度。
かぜは数日で治りますが、喘息は良くなったり悪くなったりを繰り返します。

アレルギー性鼻炎

鼻のアレルギーで、喘息のお子様の半分以上が併発しています。
症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりで、お子様の場合、鼻こすりが特徴的に見られます。
原因は、ほこり、スギ花粉などです。
近年、発症が低年齢化してきておりますが、スギ花粉症では
早くて4歳頃から、一般的には7歳頃から発症すると言われています。

PAGETOP
Copyright © 岐阜県各務原市の小児科、アレルギー、食物、予防接種、乳児検診、育児相談なら YUKIこどもクリニック All Rights Reserved.