食物依存性運動誘発アナフィラキシー|岐阜県各務原市の小児科、アレルギー、食物、予防接種、乳児検診、育児相談なら YUKIこどもクリニック

小児科

アレルギーを知る

アレルギーの説明については専門的な用語が使われることが多く、中には難解なものも存在します。
こちらでその用語のひとつひとつをご説明していきます。


食物依存性運動誘発アナフィラキシー

特定の食べ物を摂取し、その後運動をすることにより、じんましん、ぜん鳴、呼吸困難などの全身のアレルギー反応が起きる食物アレルギーの一種です。
症状が強い場合はショック状態となり、命にかかわることもあります。
症状が起きるのは原因となる食べ物を食べてから2時間以内に運動をした場合が多く、
食べ物だけでも運動だけでも症状は出ません。
原因食物としては小麦がもっとも多く、次にエビ、カニ、イカなど魚介類となっており、ナッツ類や果物で起きることもあります。
年齢としては小学生以上に多く、中学生での報告が最多となっています。
特に学校での給食後の運動でおきることが多いので注意が必要です。
食物と運動との組み合わせでおきる理由については不明の点もありますが、運動により食物が未消化の状態で吸収されやすくなり、アレルギー反応が起きると考えられています。
症状が重く、ショックを起こす危険がありますので、正確な診断に基づく予防が必要です。
症状が出た時には速やかな治療が必要ですので医療機関にすぐにかかるようにしてください。
応急処置のためのエピネフリンの自己注射(エピペン)を処方することもあります。


前のページに戻る。

PAGETOP
Copyright © 岐阜県各務原市の小児科、アレルギー、食物、予防接種、乳児検診、育児相談なら YUKIこどもクリニック All Rights Reserved.