口腔アレルギー症候群|岐阜県各務原市の小児科、アレルギー、食物、予防接種、乳児検診、育児相談なら YUKIこどもクリニック

小児科

アレルギーを知る

アレルギーの説明については専門的な用語が使われることが多く、中には難解なものも存在します。
こちらでその用語のひとつひとつをご説明していきます。


口腔アレルギー症候群

特定の果物や野菜を食べると15分くらいして口唇や舌、のどがかゆくなり、じんましんが出たり、さらにはお腹が痛くなったり、吐き気がしたりする方がいます。ひどい場合には喘息のような症状が出ることもあります。
特定の果物・野菜といってもいろいろなものに反応する場合もありますので、原因が分からないでいることもあります。
代表的な果物としてはリンゴ、モモ、ナシ、メロン、スイカなど、野菜としてはトマト、セロリなどがあります。
このような症状を起こす場合を口腔アレルギー症候群とよんでいますが、小児によく見られる卵や牛乳などの食物アレルギーと異なり、年長児や成人によくみられます。
その理由として考えられているのは花粉症との関連で、ハンノキやシラカバの花粉症の人は口腔アレルギー症候群になりやすいことが知られています。
スギ、カモガヤ花粉との関連も考えられています。原因については血液検査で調べることができます。


前のページに戻る。

PAGETOP
Copyright © 岐阜県各務原市の小児科、アレルギー、食物、予防接種、乳児検診、育児相談なら YUKIこどもクリニック All Rights Reserved.